October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

国政選挙予定候補

« June 2016 | Main | September 2016 »

July 2016

07/16/2016

2016国民平和大行進 山梨県入り 市長や多数の市職員が出迎え

Dsc_0211_3_2


 2016年原水爆禁止国民平和大行進(北海道―東京コース)は13日、長野県から山梨県入りし、北杜市、韮崎市を合わせて100人余が「核兵器の廃絶を」と訴えながら歩きました。
 土砂降りの中を歩いてきた約30人の長野県行進団から横断幕を引き継ぎ、70人が北杜市須玉町内を行進。沿道から手を振って激励する人も目立ち、募金を用意して待っていた人もいました。
 北杜市では白倉政司市長が、韮崎市では水川秋人副市長が、それぞれ50人近い職員とともに行進団を出迎えて激励あいさつ。北杜市では51人分、韮崎市では263人分の市職員が寄せた「被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」が行進団の代表に託されました。
 韮崎市役所前では、北海道から全コースを約2カ月間歩いてきた通し行進者の山田太枝(たえ)さん(70)があいさつ。「100以上の市町村を歩き、そのほとんどで首長や議長の暖かい激励を受け、核兵器の廃絶がイデオロギーを超えた国民の悲願であることを確信できました」と話しました。
 山梨県内では、県庁を含め28の全自治体を訪問しながら行進し、21日に東京都の行進団に引き継ぎます。

甲府空襲から71年 戦争の悲惨さ忘れず ちょうちん平和行進に180人

Dsc_0916_2


 1127人が犠牲となった甲府空襲(1945年7月6日夜~7日未明)から71年となる6日夜、甲府市内で「第42回甲府ちょうちん平和行進」(実行委員会主催)が行われました。
 市内の東西南北4コースから、ちょうちんを手にした子ども連れの父母ら180人が「核兵器をなくそう」「戦争法は廃止させよう」と声を上げながら行進し、30分ほどをかけて市役所に集結しました。
 全体集会では、樋口雄一市長(代理)、岡田修実行委員長があいさつ。初回のちょうちん行進から参加している岡田氏は「悲惨な空襲の惨禍を忘れず、平和憲法を守りぬく活動に粘り強く取り組みましょう」と訴えました。
 徴兵先・広島の爆心地から約2㌔の地点で被爆した橘田理(おさむ)さん(89)=甲府市=が体験を語り「『水をくれ』とせがむ被爆した少年兵に水をあげたが、2時間後に死亡した。今でもあの行為がよかったのか、トラウマとなっている。1日も早く核廃絶が実現するよう運動をお願いしたい」と話しました。

比例代表で奮闘 宮内氏が公約実現へ決意 甲府駅で宣伝

Dsc_0174_1


 10日投開票された参院選で、日本共産党の比例代表候補としてたたかった宮内現氏は11日、JR甲府駅南口で宣伝し、戦争法の廃止など、掲げた公約実現への決意を語りました。
 宮内氏は、花田仁県委員長、小越智子県議、3人の甲府市議らと、選挙結果を報告し、野党統一候補と日本共産党への支援に感謝を表明。「選挙中に寄せられた『いまの政治を変えてほしい』というみなさんの期待を力に、公約実現に引き続き全力をつくします」と訴えました。
 バスを待つ乗客や高校生らが手を振って応え、ベンチに座って訴えを聞いた男性(70)は「舛添都知事の問題でも、憲法改悪の問題でも、ずばり追及できる共産党が伸びてよかった。頑張ってもらいたい」と話しました。
    ◇
 今回の参院選で、共産党は山梨県で、比例で3万6357票(得票率9・2%)を獲得。前回参院選(2013年)と比べ、得票で3073票、得票率で0・44ポイント増やし、これまでの参院選で2番目に多い比例得票となりました。選挙区では、野党統一候補が17万3713票(得票率43%)を得て勝利しました。

« June 2016 | Main | September 2016 »

無料ブログはココログ