2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

«  県議会ウォッチャーが全体会 傍聴活動を集約 改革を提言へ | トップページ | 共産党演説会に900人 政治変える熱気伝わった »

2016年5月24日 (火)

 統一候補・宮沢氏が総決起集会 小越県議が連帯あいさつ

Dsc_0437_1


 参院選山梨選挙区に野党統一候補として立候補する宮沢ゆか氏の総決起集会が15日、昭和町内で開かれ、1300人が参加しました。民進党県連総合選対本部と宮沢氏の後援会「宮沢ゆかとともに歩むゆかネット山梨」が共催したもので、小越智子県議、社民党県連合の代表らが連帯あいさつしました。
 小越氏は「野党共闘の威力は北海道5区の衆院補欠選挙で証明されました。市民と野党が力を合わせて政治を変え、安倍政権を退場させるビッグチャンスです。日本共産党は、未来を拓く希望ある選挙を宮沢ゆかさんとともにたたかい抜きます」と決意を表明しました。
 民進党の枝野幸男幹事長、輿石東参院副議長らが必勝を訴え。大きな拍手のなか登壇した宮沢氏は「憲法の根幹を踏みにじった安倍政権を絶対に許さない」と述べ「安保法の廃止や立憲主義の回復へ県民一丸となり、私たちが本気で怒っていることを選挙で勝って示しましょう」と呼びかけました。

«  県議会ウォッチャーが全体会 傍聴活動を集約 改革を提言へ | トップページ | 共産党演説会に900人 政治変える熱気伝わった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  統一候補・宮沢氏が総決起集会 小越県議が連帯あいさつ:

«  県議会ウォッチャーが全体会 傍聴活動を集約 改革を提言へ | トップページ | 共産党演説会に900人 政治変える熱気伝わった »

無料ブログはココログ