2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 戦争法案に「賛成」1 「反対」62 女性のレッドアクション 甲府市 | トップページ | 甲府 8・15を考えるつどい ポツダム宣言 終戦の詔書を読み解く »

2015年8月17日 (月)

勤務地の行事参加途上の事故 公務災害認定を 甲府地裁に提訴 小学校教諭

 勤務地の防災訓練に参加する途中、小学校教諭が、担任する児童宅で飼い犬にかまれた事故を公務災害と認めなかったのは不当として12日、教諭が地方公務員災害補償基金本部を相手取り「公務災害行政処分取消訴訟」を甲府地裁に起こしました。
 訴えを起こしたのは、甲府市立小学校教諭の深沢佳人(よしと)氏(55)(写真前列右)。深沢教諭は、2012年8月の日曜日、校長から参加要請のあった訓練に向かう途中、忘れ物を届けるために、担任する6年生児童宅に立ち寄った際、犬にかまれて負傷しました。
 深沢教諭は、負傷は公務災害にあたるとして基金山梨県支部に申請しましたが、審査会で校長が「訓練は自主的な参加。公務災害にあたらない」と主張し、同支部は14年3月、「公務外」と決定。基金本部も深沢教諭の再審査請求を今年4月に棄却しました。
 提訴後の会見で深沢教諭は「校長からは全教員に参加の指示があった。仕事中に事故にあっても管理者が何もしてくれないのでは、安心して教員としての仕事はできない。自分一人の問題ではない」と提訴した理由を語りました。
Dsc_0210


« 戦争法案に「賛成」1 「反対」62 女性のレッドアクション 甲府市 | トップページ | 甲府 8・15を考えるつどい ポツダム宣言 終戦の詔書を読み解く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 戦争法案に「賛成」1 「反対」62 女性のレッドアクション 甲府市 | トップページ | 甲府 8・15を考えるつどい ポツダム宣言 終戦の詔書を読み解く »

無料ブログはココログ