2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« オスプレイ訓練 中止を政府に求めよ 山梨県北富士演習場 北富士共闘が知事に | トップページ | 北富士共闘会議がオスプレイ監視活動を開始 畑野、椎葉氏らが激励 »

2015年8月27日 (木)

11時間のロングランアピール 党甲府・東山地区と後援会 JR甲府駅前で 自作の原稿で次々訴え

 日本共産党甲府・東山地区委員会は20日、党後援会と協力し、午前7時半から午後6時半まで11時間の「戦争法案廃案 ロングラン・アピール」に取り組みました。
 JR甲府駅南口の信玄公像前広場にテントと机を出し、署名への協力を呼びかけ、チラシを配布しました。
 参加者はのべ80人。そのうち飛び入り3人を含む40人がマイクを握りました。
 小越智子県議や3人の甲府市議のほか、党役員、後援会員なども代わる代わる自作の原稿を持ち訴えました。「どうぞ、私の話を聞いてください」と切り出した後援会員の小田悦子さん(66)は、自衛隊が戦争法成立を前提に詳細な部隊運用計画をつくっていた内部文書について「太平洋戦争の軍部独走とまったく同じ行動で許されることではない」と批判。「NHKには、高校野球と同じくらい、国会審議がすべて国民に伝わる放送をしてほしい」と主張しました。
 チラシを受け取り「署名もしたい」と話した笛吹市の女性(70)は「この夏にテレビや新聞で繰り返し登場した戦争体験者の声を安倍首相は聞いていないのか。あんな総理は早く辞めてほしい」と話しました。
Dsc_0402


« オスプレイ訓練 中止を政府に求めよ 山梨県北富士演習場 北富士共闘が知事に | トップページ | 北富士共闘会議がオスプレイ監視活動を開始 畑野、椎葉氏らが激励 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オスプレイ訓練 中止を政府に求めよ 山梨県北富士演習場 北富士共闘が知事に | トップページ | 北富士共闘会議がオスプレイ監視活動を開始 畑野、椎葉氏らが激励 »

無料ブログはココログ