September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

国政選挙予定候補

« July 2014 | Main | September 2014 »

August 2014

08/21/2014

オスプレイ訓練強行 富士演習場に初着陸

Img_4759

米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの離着陸訓練が20日午後、陸上自衛隊北富士演習場と東富士演習場で強行実施されました。

同機による両演習場着陸は初めて。北富士演習場が見渡せる高台から訓練を監視していた「北富士演習場全面返還・平和利用県民共闘会議」のメンバーが確認しました。

米海軍厚木基地を午後1時半すぎに離陸したオスプレイ2機のうちの1機が午後2時8分、富士山北側に広がる演習場中央付近の草原に、土ぼこりを吹き上げながら着陸。その後、数分おきに離着陸を繰り返し、午後3時すぎまでに12回の離着陸訓練を実施しました。

監視にあたった共闘会議の菅沢三郎さんは「陸上自衛隊の砲撃訓練も重なり、さながら戦場だ。富士の裾野で軍事訓練は許せない」と話しました。

08/20/2014

オスプレイは日本から出て行って 緊急県民集会開く

Dsc_0306

山梨県の「北富士演習場全面返還・平和利用県民共闘会議」(北富士共闘)は19日、米海兵隊MV22オスプレイの自衛隊東富士、北富士両演習場での離着陸訓練に反対し、緊急県民集会を北富士演習場のある山中湖村で開きました。

同演習場を見渡す、山中湖畔・親水公園の会場では、県内各地から駆けつけた70人が「欠陥機オスプレイは北富士に来るな」「日本から出ていけ」と声をあげました。

桜井真作県平和委員会代表理事が主催者あいさつし「離着陸訓練強行は『観光シーズンは訓練等を行わない』としている北富士演習場使用協定を足蹴(あしげ)にするもの」と指摘。「世界遺産・富士に似合うのは憲法9条です」と訴えました。

東富士演習場で監視活動を続ける渡邊希一氏、日本共産党の、こごし智子県議が連帯あいさつ。「防衛省は、東富士、北富士でのオスプレイ訓練の日常化、常態化を否定していません。絶対に認められないことであり、こうした事態にコメントすらださない山梨県知事の姿勢も許せない」と批判しました。地元・富士吉田市の秋山晃一元党市議は「地元住民は、これまでも演習の砲撃音をがまんしてきたが、今度は上空を飛ぶオスプレイ墜落の危険に直面することになる。『オスプレイ・ノー』の声を大きく広げていきたい」と決意を述べました。

08/08/2014

オスプレイの北富士演習場での離着陸訓練を中止するよう米軍に要請することを求める申し入れ書

防衛大臣 小野寺 五典 殿

オスプレイの北富士演習場での離着陸訓練を中止するよう米軍に要請することを求める申し入れ書
 
             2014年 8月 8日 

               日本共産党山梨県委員会委員長  花田 仁

                    山梨県議会議員    小越 智子     
                             
 米軍の垂直離着陸機MV22オスプレイが19日から22日の間に北富士演習場で離着陸訓練をすることが明らかになった。

MV22オスプレイは、米海兵隊が任務とする他国への侵攻作戦を強化するため導入した新型輸送機である。開発段階で墜落事

故を繰り返し多数の死者を出している。2012年の普天間基地への配備直前にも、アフリカ・モロッコと米フロリダ州で墜落

事故を相次いで起こした。オートローテーション機能さえなく、「航空機の安全性の確保に関する訓令」に示された防衛省の基

準すら満たしていない。沖縄配備後は、「学校や病院を含む人口密集地域上空を避ける」とした日米合意に違反する危険な飛行

が常態化している。

このような離着陸訓練が北富士演習場で行われれば、周辺住民及び観光シーズンで多数訪れている観光客を騒音被害や墜落など

重大事故の危険にさらすことになる。

オスプレイはこれまで本土への飛来では、山口県の米海兵隊岩国基地(岩国市)を頻繁に使用し、中継・補給・訓練拠点にしてきた

。滋賀県の饗庭野(あいばの)演習場(高島市)での日米共同訓練にも参加している。7月には東日本各地へ飛来したが、厚木、横

田、キャンプ富士の米軍基地をオスプレイの拠点にし、日本全土を米海兵隊の訓練場にする狙いが込められている。

オスプレイの本土での訓練は沖縄の負担軽減にはつながらない。辺野古の海兵隊新基地を拠点にしてオスプレイの沖縄配備を恒

久化するとともに、騒音被害や墜落など重大事故の危険を全国に拡散するものでしかない。沖縄県民の多数が求めているのは、

昨年1月に県内の全市町村長・議会議長らが安倍晋三首相に提出した「建白書」に示されているように、オスプレイの配備撤回

、普天間基地の閉鎖・撤去、「県内移設」断念である。

北富士演習場での今回の離着陸訓練を許せば、今後も繰り返し訓練が行われ北富士演習場における米軍訓練は拡大される。その

たび騒音被害や墜落など重大事故の危険に脅かされるだけでなく、観光産業など地元経済にも悪影響を与えることは確実である

以上の理由による以下のことを求める。
         
 
                  記

オスプレイの北富士演習場での離着陸訓練を中止するよう米軍に要請すること。
  
                                  以 上

オスプレイ訓練やめよ 党県委員会が防衛、外務省に申し入れ 訓練状態化、演習場外の飛行 否定せず

Dsc_0118

米海兵隊が19日から22の日程で、オスプレイの離着陸訓練を自衛隊北富士(山梨県富士吉田市ほか2村)と東富士(静岡県御殿場市など2市1町)の両演習場で実施しようとしている問題で、日本共産党山梨県委員会は8日、外務、防衛両省に、訓練の中止を米軍に求めるべきだと申し入れました。

防衛省の担当者は米軍厚木基地(神奈川県)と北・東富士演習場を使用する同機の訓練常態化について「可能性はある」と述べました。

出席した花田仁県委員長、こごし智子県議、秋山晃一元党富士吉田市議の3人が両省に「世界遺産・富士山と戦争訓練とは両立せず、県是である『北富士全面返還・平和利用』に逆行する」と中止を強く要請。厚木基地からの飛行ルートの公開や情報提供を求めるとともに、訓練が今後、常態化する危険などを指摘しました。

防衛省日米防衛協力課の担当者は、「厚木からのルートは承知しておらず、(演習場外や住宅地)上空の飛行について、予断をもってないとはいえない」などとし、演習の常態化については「大きな演習場は(北富士など)国内に5カ所しかない」と、可能性を否定しませんでした。

情報提供については「地元の懸念、不安を払拭(ふっしょく)するために、情報の開示など努力したい」と述べました。

申し入れには、志位和夫衆院議員、小池晃、田村智子両参院議員の各秘書が同席しました。

08/06/2014

オスプレイの北富士演習場での離着陸訓練に断固抗議し、中止するよう米軍と国に要請することを求める申し入れ書

山梨県知事  横内 正明 殿

オスプレイの北富士演習場での離着陸訓練に断固抗議し、中止するよう米軍と国に要請することを求める申し入れ書
 
             2014年 8月 4日 

               日本共産党山梨県委員会委員長  花田 仁

                    山梨県議会議員    小越 智子     
                             
米軍の垂直離着陸機MV22オスプレイが19日から22日の間に北富士演習場で離着陸訓練をすることが明らかになった。

MV22オスプレイは、米海兵隊が任務とする他国への侵攻作戦を強化するため導入した新型輸送機である。開発段階で墜落事故を繰り返し多数の死者を出している。2012年の普天間基地への配備直前にも、アフリカ・モロッコと米フロリダ州で墜落事故を相次いで起こした。沖縄配備後は、「学校や病院を含む人口密集地域上空を避ける」とした日米合意に違反する危険な飛行が常態化している。

このような離着陸訓練が北富士演習場で行われれば、周辺住民及び観光シーズンで多数訪れている観光客を騒音被害や墜落など重大事故の危険に脅かすことになる。

オスプレイはこれまで本土への飛来では、山口県の米海兵隊岩国基地(岩国市)を頻繁に使用し、中継・補給・訓練拠点にしてきた。滋賀県の饗庭野(あいばの)演習場(高島市)での日米共同訓練にも参加している。7月には東日本各地へ飛来したが、厚木、横田、キャンプ富士の米軍基地をオスプレイの拠点にし、日本全土を米海兵隊の訓練場にする狙いが込められている。

今回の離着陸訓練を許せば今後も繰り返し訓練が行われ、そのたび騒音被害や墜落など重大事故の危険に脅かされるだけでなく、観光産業など地元経済にも悪影響を与えることは確実である。訓練の拡大にもつながり、北富士演習場の「段階的縮小」「全面撤去・平和利用」の県是にも反するものである。

7月の東日本各地のオスプレイの飛来、訓練には、少なくない自治体が「オスプレイの厚木基地への飛来は、新たな騒音負担が生じることとなり、到底許されるものではない」(綾瀬市)「基地周辺住民の安全性への懸念が払拭されないまま横田基地へ飛来することがないよう、改めて強く要請する」(横田基地周辺5市1町でつくる基地対策連絡会)と中止を求めた。

県は、米軍基地や訓練場所などを抱える山梨など14都道府県でつくる「渉外知事会」を通じて、国に説明を求めているが、説明だけでなく、米軍と国に断固抗議し、きっぱりと中止を求めるべきである。

以上の理由による以下のことを求める。
         
                  記

オスプレイの北富士演習場での離着陸訓練に断固抗議し、中止するよう米軍と国に要請すること。
                                  以 上

オスプレイ訓練中止要請を 党県委が知事あてに申し入れ

Dsc_0051

米海兵隊垂直離着陸機オスプレイの北富士、東富士両陸上自衛隊演習場での離着陸訓練計画(19~22日)が明らかになった問題で、日本共産党山梨県委員会は4日、横内正明知事あてに、訓練中止を国と米軍に要請するよう申し入れました。

花田仁県委員長、こごし智子県議のほか、北富士演習場の地元から、秋山晃一元党富士吉田市議、天野秋弘党忍野村議が参加しました。

要請では、離着陸訓練実施について「周辺住民や観光シーズンで富士山周辺を訪れている多数の観光客を、騒音や墜落などの重大事故の危険にさらすことになる」と指摘。「訓練拡大にもつながり『北富士演習場全面返還・平和利用』の県是にも反するもの」と知事の対応を求めました。

こごし県議は「『世界遺産・富士山にオスプレイはいらない』と知事がはっきり主張すべきだ」、秋山元市議は「静岡、山梨両県をまたぐ訓練は演習場使用協定にも反する」と訴えました。

天野村議は「(同機種は)緊急着陸能力の欠陥が明らかになっており、地元住民からの不安は計り知れない」と主張し、北富士への飛来と訓練の中止を国、米軍に求めるよう要請しました。

応対した県企画県民部の担当者は「要請はしっかり知事に伝える。従来通り、地元と話し合いながら対応したい」と答えました。

この問題で、県と地元関係団体でつくる「北富士演習場対策協議会」は1日、観光シーズン中の訓練飛行を行わないよう求めることを決めています。

« July 2014 | Main | September 2014 »

無料ブログはココログ