2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 党躍進の流れ発展させよう 市田副委員長迎え演説会 | トップページ | 障害児の医療費助成制度 窓口無料の維持を 山梨県に申し入れ »

2014年7月22日 (火)

「閣議決定」撤回を 山梨県民集会 労働者や市民250人参加

Dsc_0841

「集団的自衛権行使容認反対、閣議決定撤回 山梨県民集会」が18日、甲府市内で開かれ、昼休みを利用した労働者や市民ら250人が参加しました。

政党や労働組合、市民団体でつくる実行委員会が開いたもの。日本共産党、民主党、社民党、県弁護士会の4者が共同して開く集会は、昨年12月の「秘密保護法反対集会」以来2度目です。

県弁護士会の關本喜文副会長が「全国すべての弁護士会が行使容認反対を決めた。憲法を壊すことは法律家として許せない。力を合わせましょう」とあいさつ。政党代表は「閣議決定は憲法が揺らぐ暴挙。撤回させるまで徹底的にたたかう」(民主党県連幹事長)、「集会を契機に、点から面へと運動を広げる」(社民党県連合代表)と決意を表明。日本共産党のこごし智子県議は「戦争に駆り出される若者たちを先頭に『戦争ノー』の声が全国から湧き上がっている。戦後最悪の政権の打倒へ、国民的大運動を」と訴えました。

山梨女性9条の会の妻鹿絢子さん(山梨大学名誉教授)、元小学校教諭の三浦達朗さん(85)らがリレートーク。「閣議決定を撤回させよう」「憲法を守れ」と声を合せながら、市役所前までパレードしました。

« 党躍進の流れ発展させよう 市田副委員長迎え演説会 | トップページ | 障害児の医療費助成制度 窓口無料の維持を 山梨県に申し入れ »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「閣議決定」撤回を 山梨県民集会 労働者や市民250人参加:

« 党躍進の流れ発展させよう 市田副委員長迎え演説会 | トップページ | 障害児の医療費助成制度 窓口無料の維持を 山梨県に申し入れ »

無料ブログはココログ