November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 山梨県議会の海外研修 住民監査請求を棄却 | Main | 集団的自衛権行使容認の閣議決定は中止せよ 共産党が街頭宣伝 »

06/16/2014

来月演説会案内 党山梨県委 業界10団体を訪問

Dsc_0005

日本共産党山梨県委員会は6日、県医師会やJA山梨中央会、県経営者協会など10団体を訪問して懇談し、7月に市田忠義党副委員長(参院議員)を迎えて開く演説会を案内しました。

花田仁県委員長と小越智子県議が、県医師会長や県歯科医師会事務局長に案内状や演説会のチラシを渡し「安倍政権のあらゆる分野での反国民的な暴走に、ノーの声をあげましょう」と話しました。

訪問先では「集団的自衛権(行使容認)は、突き詰めれば『徴兵制へ』ということですよ」「市田さんはテレビで見て、知っています」などの声が寄せられました。

山梨県農業会議では、紙智子参院議員が、安倍内閣が進める農協や農業委員会の解体について「関係者から要望は出されていない」と、政府に認めさせた質問(参院農水委員会・5月22日)が話題になりました。応対した事務局長は開口一番、「紙さんの質問はありがたかった」と表明。政府の規制改革会議が農業委員会の公選制をやめ、農地所有者や農家の参加を排除しようとしていることに「(規制会議の)やり方は荒っぽい。地域やその家(農家)のことをよくわかっている人でないと農業委員はできない」と述べました。

農協解体の方針についても「環太平洋連携協定(TPP)反対の組織は邪魔だといいうことでしょうか」と批判。「この問題では、ぜひご支援を」と話しました。

« 山梨県議会の海外研修 住民監査請求を棄却 | Main | 集団的自衛権行使容認の閣議決定は中止せよ 共産党が街頭宣伝 »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 来月演説会案内 党山梨県委 業界10団体を訪問:

« 山梨県議会の海外研修 住民監査請求を棄却 | Main | 集団的自衛権行使容認の閣議決定は中止せよ 共産党が街頭宣伝 »

無料ブログはココログ