November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« “国の教育介入心配” 新婦人 県教育長に申し入れ | Main | 来月演説会案内 党山梨県委 業界10団体を訪問 »

05/28/2014

山梨県議会の海外研修 住民監査請求を棄却

山梨県議会の海外研修について「観光が目的の旅行だ」として政務調査費計約831万円を県に返還するよう求めた住民監査請求で26日、県監査委員は請求を退ける決定をしました。

監査請求は、県市民オンブズマン連絡会議(山本大志代表)の10人が今年3月、2012年と13年に県議14人が政務調査費を使って実施したシンガポールやタイ、フランスなど海外研修4件について「議員活動に無関係な観光がほとんどだ」として費用の返還を求めていたものです。

監査委員は棄却理由で「観光地だが調査目的に沿った場所」「あえて現地まで行く必要がないとはいえない」などとしました。

同様な旅費の返還を求めた訴訟では最高裁が19日、県の上告を棄却し、返還が確定したばかりです。

請求人代表の山本氏は監査結果について「監査人は『研修に名を借りた私的旅行』と断じた東京高裁判決を読んでいないのか。『税金の無駄づかいやめよ』『海外に行きたいなら私費で』という県民世論に背を向け続ける県議らの態度は許されない」と批判しています。請求人らは27日、住民訴訟で争うことを確認しました。

« “国の教育介入心配” 新婦人 県教育長に申し入れ | Main | 来月演説会案内 党山梨県委 業界10団体を訪問 »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山梨県議会の海外研修 住民監査請求を棄却:

« “国の教育介入心配” 新婦人 県教育長に申し入れ | Main | 来月演説会案内 党山梨県委 業界10団体を訪問 »

無料ブログはココログ