November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« モモ・ブドウの天候不順被害から被害農家を守る緊急の申し入れ | Main | ルネサスの退職強要を批判 共産党宣伝 »

08/23/2013

果物被害の対策早く 党山梨県委 県に支援求める

Dsc_0144s

山梨県内では4月から続いた天候不順で、県農業の主要産物であるモモやブドウ、スモモなどに生育被害が発生しています。この問題で8月22日、日本共産党山梨県委員会は、横内正明知事あてに被害農家への支援を申し入れました。

小越智子県議と、川口信子甲州市議のほか、山梨、甲府、南アルプスの6市議が参加しました。

小越氏らは、応対した県農業技術課の担当者に対し、生産者やJA関係者から聞き取った被害状況として、「4月の低温と凍霜被害、夏の異常高温、水不足のトリプルパンチだ」「40年間モモを作ってきたが、こんな被害は初めて」「これからがブドウの本格的出荷時期だが、高気温が続き、被害はまだ拡大する」などの声を紹介しました。

その上で、「被害を救う果樹共済制度は、適応条件の厳しさや高い掛け金の問題があって、加入者は2割と少ない」と指摘し、「加入促進は、山梨ブランドの維持や景観保全、後継者育成にも不可欠であり、市だけでなく、県にも掛け金の補助制度を」と要求。▽早急な被害状況の把握▽被害農家への無利子融資、見舞金支給―などを求めました。

これに対し、県担当者は「県農業災害対策本部で被害実態の把握を急いでいる。県からの掛け金補助は、現状では難しい」と答えました。

« モモ・ブドウの天候不順被害から被害農家を守る緊急の申し入れ | Main | ルネサスの退職強要を批判 共産党宣伝 »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 果物被害の対策早く 党山梨県委 県に支援求める:

« モモ・ブドウの天候不順被害から被害農家を守る緊急の申し入れ | Main | ルネサスの退職強要を批判 共産党宣伝 »

無料ブログはココログ