2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 山梨県議会議長選で小越県議が改革協定した候補に投票 | トップページ | “まっとうな政治に” 小池晃副委員長招き演説会 »

2013年5月17日 (金)

医療を高校まで無料に 父母らが5000人署名を添え要望

Dsc_0004s

甲府市の「高校3年生までの医療費無料化を求める会」(永井敬二代表)は5月16日、宮島雅展甲府市長あてに、小学校6年生までとなっている同市の医療費無料制度を高校3年生まで拡大するよう申し入れました。

永井代表ら5人が参加し、父母から集めた署名(累計5090人分)を提出。外来、入院とも中学3年生まで無料化した自治体が県内の67%、入院については78%の自治体まで広がっていることを示し、対象年齢の引き上げを要請しました。

応対した長田敦彦福祉部長は、小学校6年生まで拡大して以降の7年間の受診増について「子育て世代の経済的支援に貢献している結果」とする一方、「市の財政負担も大きく伸びており、(要請については)さらに研究していく」と答えました。

日本共産党の小越智子県議と3人の甲府市議が同席しました。

« 山梨県議会議長選で小越県議が改革協定した候補に投票 | トップページ | “まっとうな政治に” 小池晃副委員長招き演説会 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療を高校まで無料に 父母らが5000人署名を添え要望:

« 山梨県議会議長選で小越県議が改革協定した候補に投票 | トップページ | “まっとうな政治に” 小池晃副委員長招き演説会 »

無料ブログはココログ