November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 放射能汚染水を海に投棄してはダメ 原発なくす連絡会が東電に要請 | Main | 医療を高校まで無料に 父母らが5000人署名を添え要望 »

05/14/2013

山梨県議会議長選で小越県議が改革協定した候補に投票

山梨県議会議長の辞任にともなう議長選挙(5月10日)で、日本共産党の小越智子県議は、自民党第2会派からの申し入れを受け、同会派らが推す議長候補と少数会派の意見を尊重した議会運営にあたることなどを内容とする確認書を交わし、保延実議員に投票しました。

議長選の結果は、21票対15票(白票1)で、最大会派が推した自民党・県民クラブの棚本邦由議員が選出されました。

確認書の内容は、(1)会派代表者会議や議会運営委員会などには全ての会派が出席し、自由に発言できる(2)(本会議における)他会派の関連質問を復活させ、討論5分の時間制限を撤廃する(3)議長のたらいまわしをさせない―などです。

小越議員は「少数会派を議会運営から排除することは県民の声を排除することにつながる。今回、議会内で一定の理解、共同が広がったことは、議会の民主的運営への大きな一歩だと思う」と話しています。

« 放射能汚染水を海に投棄してはダメ 原発なくす連絡会が東電に要請 | Main | 医療を高校まで無料に 父母らが5000人署名を添え要望 »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山梨県議会議長選で小越県議が改革協定した候補に投票:

« 放射能汚染水を海に投棄してはダメ 原発なくす連絡会が東電に要請 | Main | 医療を高校まで無料に 父母らが5000人署名を添え要望 »

無料ブログはココログ