2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 山梨市議選 現有議席確保 | トップページ | 山梨女性9条の会が意見広告への賛同よびかけ »

2013年4月17日 (水)

党県委員会が労働局に最低賃金引き上げ要請

Dsc_0062s

日本共産党山梨県委員会は4月15日、厚生労働省山梨労働局の島浦幸夫局長あてに「賃上げと安定した雇用の拡大」をと、最低賃金の大幅引き上げに力を尽くすよう求めました。千葉信男県委員長、えんどう昭子参院選挙区候補、小越智子県議が同局の賃金室長、企画室長に要請しました。

千葉氏らは「県民雇用者報酬が2000年をピークに11年間下がり続け、率にして18%も少なくなっている」と指摘。最低賃金の昨年の伸び(5円)は首都圏で最も低く、1996年比の伸び率(1・14倍)は全国42位だったことなどを紹介し、「首都圏などとの賃金格差は広がる一方だ」と話しました。

千葉氏らは「政治の力で賃金を引き上げる最もたしかな方策は最低賃金の引き上げであり、非正規やパートの賃金の底上げや下請け工賃にも連動する」と述べ、現行の県最低賃金(時給695円)を全国平均(749円)を上回り、早急に時給1000円が実現できるよう求めました。

応対した賃金室長らは、最低賃金の地域間格差を認めたうえで、「(最低賃金は)あくまで労使の話し合いで決まるもの。6月の実質賃金が指標となるが、中小企業への(景気上向きの)反応はまだない」と答えました。

« 山梨市議選 現有議席確保 | トップページ | 山梨女性9条の会が意見広告への賛同よびかけ »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 党県委員会が労働局に最低賃金引き上げ要請:

« 山梨市議選 現有議席確保 | トップページ | 山梨女性9条の会が意見広告への賛同よびかけ »

無料ブログはココログ