November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« えんどう氏が県内民主団体と懇談 | Main | 北富士演習場使用協定更改やめて 北富士共闘が申し入れ »

02/04/2013

演習場全面返還めざし 北富士共闘会議を結成

県内の平和、民主団体、労働組合などによる「北富士演習場全面返還・平和利用県民共闘会議」(略称・北富士共闘)の結成会が2月1日、甲府市内で開かれました。

防衛省と山梨県などが5年ごとに結んできた「北富士使用協定(第8次)」が3月末で期限を迎えるのを前にして、安保破棄山梨県実行委員会が結成を呼びかけたものです。

山梨県労、梨商連、新婦人県本部など、15団体から議長や会長など役員ら20人が参加。結成に先立って県平和委員会の桜井真作代表理事が「使用協定を解消し、全面返還を求めよう」と題して講演しました。

結成会では、(1)使用協定の更改に反対する(2)全面返還・平和利用を要求し活動する(3)世界遺産条約の活用で富士山の平和利用を求める―の申し合わせ事項を確認し、代表団体など役員を決めました。

会場からは、「全面返還にむけて、日常的総合的にたたかえる組織ができた意義は大きい」「地元自治体や住民が希望を持てる(基地跡地の)具体的な平和利用計画を、県などに持たせる運動に発展させたい」などの意見が寄せられました。

なお、防衛省は1月31日、米海兵隊による沖縄県道104号越え実弾砲撃移転訓練が、来年2014年1月中旬から2月中旬までの間に行われる予定だと発表しました。実施されれば3年連続、12回目となります。

« えんどう氏が県内民主団体と懇談 | Main | 北富士演習場使用協定更改やめて 北富士共闘が申し入れ »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 演習場全面返還めざし 北富士共闘会議を結成:

« えんどう氏が県内民主団体と懇談 | Main | 北富士演習場使用協定更改やめて 北富士共闘が申し入れ »

無料ブログはココログ