2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 党県委員会が山梨県に緊急予算要望 | トップページ | 新御坂トンネルを視察 »

2013年1月23日 (水)

海外研修裁判が結審

山梨県議会の海外研修制度について「実態は観光旅行同然だ」として、参加した県議に知事が費用に返還を命じるよう求めた訴訟の第12回公判が1月22日、甲府地裁(林正宏裁判長)であり、結審しました。判決は3月19日に出されます。

結審後の集会で、傍聴した支援者を前に、原告代表の山本大志さん(税理士)は「4年近い長いたたかいだったが、裁判所が海外研修に参加した議員のうち、3人の現職県議の証人尋問を行うなど画期的な訴訟となったと思う」と述べ「さらに署名運動などで世論にも訴え、必ず勝利したい」と話しました。

集会には日本共産党の小越智子県議が出席。「訴訟以降、1人90万円まで使える海外研修制度で研修した議員は出ていません。引き続き、議会でもこの制度を廃止するよう訴えていきたい」と話しました。

« 党県委員会が山梨県に緊急予算要望 | トップページ | 新御坂トンネルを視察 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外研修裁判が結審:

« 党県委員会が山梨県に緊急予算要望 | トップページ | 新御坂トンネルを視察 »

無料ブログはココログ