November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2012総選挙の県内の結果について | Main | 漏水検知 明野処分場また異常 »

12/21/2012

甲府市議会 高齢者医療費助成廃止の条例を可決

甲府市が非課税世帯の高齢者(65歳~74歳)の医療費窓口負担を1割へと軽減してきた「市老齢者医療費助成金支給制度」について、2014年度末をもって廃止する条例改定案が、12月17日の同市議会本会議で賛成多数で可決されました。

条例改定には、日本共産党の3市議のほか、公明党(5人)、社民党(1人)、無所属(2人)の11人(定数32人)が反対しました。

同市の高齢者医療費助成制度は、1968年に88歳以上を対象に発足してから44年の歴史を重ねてきました。対象年齢が順次広げられ、74年に65歳以上が対象となるなかで、全国に誇る「市民の宝」といわれるまでに発展しました。

制度廃止について宮島雅展市長は「情勢の変化と、制度の意義などを総合的に判断した」と説明しました。

11日の市議会代表質問で日本共産党の清水英知市議は、「極めて低所得の高齢者の医療費を助成する意義はいまなお大きく、他の制度には変えられない」「市民の声、広範な人々の運動、それらに突き動かされた歴代市長の決断の積み重ねで『市民の宝』は磨き上げられたもの」と強調。制度存続を強く主張しました。

« 2012総選挙の県内の結果について | Main | 漏水検知 明野処分場また異常 »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甲府市議会 高齢者医療費助成廃止の条例を可決:

« 2012総選挙の県内の結果について | Main | 漏水検知 明野処分場また異常 »

無料ブログはココログ