2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 明野廃棄物最終処分場 県外廃棄物の搬入は協定違反 対策協が県に抗議 | トップページ | 「細かく覚えていない」 海外研修裁判 県議が証言 »

2012年11月 7日 (水)

9条と福島 2氏語る 南アルプス市で集い

Dsc_0037s

南アルプス市9条の会は11月3日、櫛形生涯学習センターで、憲法9条とフクシマについて考える集いを開きました。35人が参加しました。

「フクシマについて考える」と題して東京経済大学教員の早尾貴紀さんが、「平和はつくりだすもの」と題して同市在住の牧師、浅見正一さんが、それぞれ講演しました。

東日本大震災を宮城県で被災した早尾さんは、子どもの放射能汚染のリスクを考えて山梨県に移住した経緯と、民間レベルで実施している避難移住の相談活動を紹介。「(避難できずにいる)福島に留め置かれた人々は、あたかも原発事故が『取るに足らない問題』として(政府が)原発を維持するための犠牲とされている」と話しました。

浅見さんは、体験した戦争被害者の写真を参加者に配りながら「戦争になれば、必ずこうなります。憲法9条は日本の誇りであり、世界の良心の指標となっています」と語りました。

« 明野廃棄物最終処分場 県外廃棄物の搬入は協定違反 対策協が県に抗議 | トップページ | 「細かく覚えていない」 海外研修裁判 県議が証言 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9条と福島 2氏語る 南アルプス市で集い:

« 明野廃棄物最終処分場 県外廃棄物の搬入は協定違反 対策協が県に抗議 | トップページ | 「細かく覚えていない」 海外研修裁判 県議が証言 »

無料ブログはココログ