2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 病院統合を考える 市民団体が講演会 | トップページ | 山梨県労が定期大会 »

2012年10月 6日 (土)

「即時原発ゼロ」・尖閣 党「提言」で甲府市長と懇談

Dsc_0023s

日本共産党の、うえむら道隆衆院山梨1区候補は10月5日、同市の宮島雅展市長に、「外交交渉による尖閣諸島問題の解決を」と「『即時原発ゼロ』の実現を」の二つの党提言を届け懇談しました。懇談には、石原剛、内藤司朗、清水英知の3市議が同席しました。

宮島市長は、原発ゼロへの向かい方について「(政府が)原発の運転や建設を進めながら原発ゼロというのは両立できず、おかしいと思う」と答えました。

市長は「本当にゼロをめざすなら、国がもっと力や予算を使って代替エネルギーをさがすことに努力しないと無理。国全体で(節電などの)痛みや努力を分かち合うことが必要です。政府は、国としてゼロでいけるという道筋を示していない」と述べ「提言をよく読ませていただく」と話しました。

うえむら氏が、尖閣問題での党提言を手渡すと、宮島市長は「(日本政府が)『領土問題は存在しない』という立場を変えないと、(中国との)話し合いさえできないですからね」と応え「これまで(両国は)おとな同士の付き合いをしてきたわけだから、情理を尽くして解決していくことが大事ではないか」と話しました。

« 病院統合を考える 市民団体が講演会 | トップページ | 山梨県労が定期大会 »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「即時原発ゼロ」・尖閣 党「提言」で甲府市長と懇談:

« 病院統合を考える 市民団体が講演会 | トップページ | 山梨県労が定期大会 »

無料ブログはココログ