2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 命綱の窓口無料守って 甲府でシンポジウム | トップページ | 病院統合を考える 市民団体が講演会 »

2012年10月 3日 (水)

リニア計画に待った 沿線5都県の住民がつどい

リニア中央新幹線建設計画に対する「ストップ・リニア沿線住民の集い」が9月30日、甲府市内で開かれ、東京、神奈川、山梨、長野、岐阜の各都県の住民やJR東海の労働組合など150人が集まりました。

参加者からは「『夢の交通手段』としてバラ色の計画を振りまくJR東海や国、県、商工団体、地元自治体に対し『その計画待った』といいたい」「住民の安全やくらしを支えるはずの自治体がなぜJR東海と一緒に計画を進めるのか」などの発言が相次ぎました。

「集い」を主催した川村晃生リニア・市民ネット代表(慶応大名誉教授)が、50人が参加した同日午前のリニア実験線延伸工事現場見学(笛吹市)について報告。「リニアの問題点がまだ解決されていないのに、来年12月に実験車両を走らせるのは拙速です」と批判し「リニア計画には、環境も人心も経済も破壊する『原発推進勢力』と共通する視点がある。こうした声を広げましょう」と反対運動の強化を呼びかけました。

「集い」賛同団体の「山梨・水と緑を守る会」の関本ことさん=甲府市=は「計画沿線の住民がはじめて一堂に集まったことに意味があります」と話しました。

« 命綱の窓口無料守って 甲府でシンポジウム | トップページ | 病院統合を考える 市民団体が講演会 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リニア計画に待った 沿線5都県の住民がつどい:

« 命綱の窓口無料守って 甲府でシンポジウム | トップページ | 病院統合を考える 市民団体が講演会 »

無料ブログはココログ