2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 国保の改善を 県社保協が市町村担当者と懇談 | トップページ | オスプレイの配備計画を撤回し、「一時駐機」を認めず、飛行訓練中止を求める申し入れ »

2012年9月 5日 (水)

オスプレイ来るな 畑野候補が富士吉田市長に要請

Dsc_0006s

日本共産党の畑野君枝衆院南関東比例候補は9月4日、自衛隊北富士演習場がある富士吉田市を訪ね、堀内茂市長あてに、米海兵隊垂直離着陸機MV22オスプレイの配備や飛行訓練中止を、国などに求めるよう要請しました。

畑野氏は、応対した前田重夫副市長や市の演習場対策室長に対し、同市に隣接する静岡県御殿場市にある米軍キャンプ富士がオスプレイの「一時駐機」とされていることを指摘。ハワイでは住民の反対で飛行訓練が中止になったことや、横内正明山梨県知事も「県内での低空飛行に反対だ」と述べていることを紹介し「世界遺産をめざす富士山にオスプレイはそぐわない。地元から早く(配備反対の)声をあげていただきたい」と訴えました。

前田副市長は「国や県からは何も情報はない」としながら「安全が確認されないまま飛ぶことには絶対反対です」と答えました。また、同機の事故原因について「『人的うんぬん』だけとは言い切れないのではないか」と話しました。対策室長は「米軍キャンプ富士は、自衛隊東富士演習場と地続きで、北富士演習場もすぐ近くです」と説明しました。

要請には、秋山晃一前党市議が同席しました。

« 国保の改善を 県社保協が市町村担当者と懇談 | トップページ | オスプレイの配備計画を撤回し、「一時駐機」を認めず、飛行訓練中止を求める申し入れ »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ来るな 畑野候補が富士吉田市長に要請:

« 国保の改善を 県社保協が市町村担当者と懇談 | トップページ | オスプレイの配備計画を撤回し、「一時駐機」を認めず、飛行訓練中止を求める申し入れ »

無料ブログはココログ