2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 「原発なくそう」官邸前行動に連帯 | トップページ | オスプレイ来るな 畑野候補が富士吉田市長に要請 »

2012年9月 4日 (火)

国保の改善を 県社保協が市町村担当者と懇談

Dsc_0005s

山梨県社会保障推進協議会(三浦克弥会長)は、国民健康保険の改善を求める要望をまとめ、県内市町村ごとに担当者らと懇談しています。

笛吹市との懇談(8月31日)には、年金者組合役員や山梨民医連から13人が参加し、国民健康保険課の職員と意見交換を行いました。担当者は「保険料の見直し(引き下げ)には、増加する医療費を抑制するしかなく、病気予防や健診に力を入れている」などを紹介。国保法44条に基づく「医療費一部負担金の免除申請制度」について「検討しており、今年度中には作成する予定です」と話しました。

懇談には、日本共産党の渡辺まさひで、かめやま和子両笛吹市議が参加しました。

同協議会は、この日までに県内27自治体のうち、13市7町を訪問。長坂正春事務局長は「多くの市町村の担当者から、国保運営の実情を聞くことができた。共通した課題や問題点を報告書にまとめて発表したい」と話しています。

« 「原発なくそう」官邸前行動に連帯 | トップページ | オスプレイ来るな 畑野候補が富士吉田市長に要請 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国保の改善を 県社保協が市町村担当者と懇談:

« 「原発なくそう」官邸前行動に連帯 | トップページ | オスプレイ来るな 畑野候補が富士吉田市長に要請 »

無料ブログはココログ