2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 入試制度の弊害と高校生の貧困 | トップページ | 「原発なくそう」官邸前行動に連帯 »

2012年9月 1日 (土)

海外研修費用返還訴訟の原告が宣伝

Dsc_0043s

山梨県議会の海外研修は「観光旅行同然で違法」として、知事を相手取り、裁判でその費用の返還を訴えている「県議の海外研修制度の廃止を求める市民の会」(山本大志代表)が8月31日、JR甲府駅前で宣伝しました。

甲府地裁で開かれる第10回口頭弁論(9月11日午後1時15分開廷)を前に、原告6人がチラシを配りながら、「裁判所は、対象となる県議11人(現9人、元2人)の証人尋問の実施を」「県議は、出廷して『正当性』を堂々と述べるべきです」と訴えて裁判への支援、傍聴を呼びかけました。

市民から「がんばってください」「海外研修は自費で行くべきだ。対象の県議の名前をもっと知らせてくれ」などの激励が寄せられました。大月市の男性は「知事が背広仕立券300万円をもらっていた問題が起きたばかり。税金で海外に行っていい思いをしたい県議も同じ部類で、知事を追及できっこない」と話しました。

県議会では、任期中1人90万円までの海外研修費用が認められていますが、裁判では「実態が研修とはいえず、観光旅行同然だ」として「エジプト・トルコ視察」(2010年4月、5人・約449万円)など11人・総額851万円の返還を求めています。

« 入試制度の弊害と高校生の貧困 | トップページ | 「原発なくそう」官邸前行動に連帯 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外研修費用返還訴訟の原告が宣伝:

« 入試制度の弊害と高校生の貧困 | トップページ | 「原発なくそう」官邸前行動に連帯 »

無料ブログはココログ