2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 給食の放射性物質検査をより厳しく 考える会が署名提出 | トップページ | 県議の証人尋問実施へ 海外研修裁判で甲府地裁 »

2012年9月11日 (火)

「原発ノー」パレード

Dsc_0055s

北杜市を中心に脱原発を訴えている市民団体「4月3日のひろば」は9月9日、6回目となる「はじめのいっぽパレード」を市内で行い、100人が参加しました。

前回歩いた須玉町内に続き、この日は、長坂町から高根町までを太鼓に合わせて「原発いらない。自然を守ろう」「子どもを守ろう。一緒に歩こう」と訴えながら約1時間かけてパレードしました。

原発事故のあと、東京都内から福岡県を経て山梨県に引っ越してきたという女性(36)は、1歳と3歳の子を連れて参加。「とにかく子どもへの(放射能の)影響が心配です。周辺に比べて放射線量が低いので山梨に来ました。原発問題はすぐには解決できないとは思うけど、声を上げ続けることが大事。楽しく長くやっていきたい」と話しました。太鼓の音を聞いて「お祭りかと思って」と沿道に出てきた女性(80)は「若い人が熱心に運動してくれてうれしい」とパレードに手を振りました。

パレードのあと、映画「内部被ばくを生き抜く」が上映され、「福島原発原告団」(武藤類子団長)の説明会も開かれました。

« 給食の放射性物質検査をより厳しく 考える会が署名提出 | トップページ | 県議の証人尋問実施へ 海外研修裁判で甲府地裁 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「原発ノー」パレード:

« 給食の放射性物質検査をより厳しく 考える会が署名提出 | トップページ | 県議の証人尋問実施へ 海外研修裁判で甲府地裁 »

無料ブログはココログ