2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 知事仕立券受領問題 軽処分に県民批判 | トップページ | 8・15を考える県民のつどい »

2012年8月13日 (月)

消費税増税法案強行に抗議の宣伝

消費税増税法案の民主、自民、公明3党などによる強行可決(8月10日)に対し、日本共産党の衆院比例・小選挙区候補、地方議員が各地で「大増税の実施は許さない」「衆院選で増税勢力に厳しい審判を」と訴えました。

Dsc_0032s

Dsc_0001s

山梨県内では8月10日、党衆院選挙区候補のうえむら道隆氏(衆院1区)が甲府市で、渡辺正好氏(同2区)は富士吉田市で、花田仁氏(同3区)は中央市で、党市町村議らとともに、採決に抗議する宣伝を行いました。

夕方のJR甲府駅前でうえむら氏は「法案の参院可決強行は、民主、自民、公明3党の密室談合を国会に押し付けるもの」と批判。「国民多数の増税反対の声を無視する暴挙で、絶対に許せません。『ただちに国民の信を問え』の声を大きく広げ、増税3党に厳しい審判を下しましょう」と呼びかけました。

訴えを聞いたアルバイトの男性(40)は「いずれは(増税も)やむを得ないと思うが、談合で決めるやり方に腹が立つ。絶対に支持できない」と話しました。

中央市のスーパーでは、男性(71)が「自民党の政治がダメすぎて国民が政権を代えたのに、庶民を苦しめる増税なんて許せない。がんばってよ」と宣伝カーに声をかけました。

« 知事仕立券受領問題 軽処分に県民批判 | トップページ | 8・15を考える県民のつどい »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税増税法案強行に抗議の宣伝:

« 知事仕立券受領問題 軽処分に県民批判 | トップページ | 8・15を考える県民のつどい »

無料ブログはココログ