May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

05/11/2019

悲惨さ次の世代に伝えたい 甲府駅北口で「原爆の絵」展

Gennbakunoe

原水爆禁止山梨県協議会は、ヒバクシャ国際署名を広げようと10日からJR甲府駅北口で、広島の高校生が描いた「原爆の絵」展を開きました。

展示は、広島市立基町高校生徒と被爆体験証言者が共同で制作し、被爆の悲惨さ、残忍さ、非人間性を感じ取った高校生が描いたもので、63点の絵と原爆の非人道性を告発する写真14点が掲示されました。

駅を利用する子ども連れの家族や中学生、高校生、高齢者ら幅広い世代が足を止め、真剣な表情で見入り、ヒバクシャ国際署名に協力しました。

絵を見た甲府市の女性(65)は「高校生が原爆の恐ろしさを受け継いで描いたことをいろんな人に見てほしい」と語りました。

東京都の女性(30)は、「戦争を経験したことのない高校生が絵で悲惨さを伝えることは、私も戦争を知らない世代ですので、とても大事なことだと思います。絵には『戦争してはいけないことを次の世代につなげていく』思いが迫ってくるものがありました」と話しました。

「原爆の絵」展は12日まで開かれます。

05/09/2019

安倍改憲阻止を 憲法集会inやまなし

Kennpousyuukai

甲府駅北口広場で3日、「憲法集会inやまなし」が開かれ、県内各地から約500人が参加し、「安倍政権は退陣を」「9条改憲NO!」のプラカードを掲げ、安倍改憲阻止をアピールしました。

市民団体や5野党1会派の県代表らがスピーチ。日本共産党の花田仁県委員長は「安倍首相が改憲の旗振りをすること自体が憲法違反の暴挙だ。参院選で安倍改憲ノーの審判を突きつけ、安倍政権もろとも9条改憲を葬ろう」と訴えました。

立憲民主党の宮沢由佳参院議員は「9条への自衛隊明記は集団的自衛権を全面的に合憲にすること。絶対に阻止しなければならない」と強調しました。

安保関連法に反対するママの会@山梨代表は「小さな声をすくいあげ、平和を守る国を一緒につくっていきましょう」と訴えました。

甲府市で活動する「学生9条の会」の女性(20)は沖縄の辺野古新基地の埋め立てを強行する政府の異常さを告発。「基地をなくすこと、憲法を守ることは私たち一人一人の責任だと思う」と語りました。

集会後、参加者は「憲法9条守れ」「安倍改憲発議を許さないぞ」などと声をあげながら市中心部をパレードしました。

05/03/2019

大企業優遇の政治批判 労農商統一メーデーに800人

Mede

第90回労農商統一メーデーが1日、甲府市で開かれ、800人が参加しました。

参加者は、JR甲府駅北口から会場の甲府市緑が丘公園まで約3㌔を「安倍改憲やめよ。消費税増税反対」などと唱和しながらパレードしました。

主催者あいさつで上野光正山梨県労議長は、安倍政権の大企業優遇の政治を批判し「大企業の内部留保を社会に還元させて、賃金の引き上げ、中小企業支援対策の強化を」と強調。「まともな政治を取り戻すために参院選で野党共闘の勝利へ、メーデーを決起の場にしよう」と呼びかけました。

日本共産党の花田仁県委員長、立憲民主党の宮沢由佳参院議員、社会民主党の山田厚県連代表が連帯あいさつ。花田氏は「参院選で安倍改憲、消費税増税ノーの審判を、安倍政権を打倒し、憲法が生きる新しい政治実現に全力で頑張ります」と訴えました。

参加団体から決意と訴えがあり、公務労組の代表は「職場では5年間で1割の人員削減が強行され、穴埋めに非正規雇用を増やしている。住民サービスの後退を許さないたたかいをすすめたい」と語りました。

会場入り口では、日本共産党の宮内げん参院山梨選挙区候補と小越智子県議、甲府市議らが参加者を激励しました。

04/29/2019

メーデー成功へ 前夜祭開く

Medezennyasai

「第90回山梨県労農商統一メーデー」(1日)の成功をめざすメーデー前夜祭が25日、甲府市内で開かれ、団体代表や労働組合役員ら40人が参加しました。

メーデーを前に、メーデーの歴史を学び、時々の情勢を学習する場として毎年開かれてきたもの。メーデー歌の「晴れた五月」を全員で歌ったあと、全国商工団体連合会常任理事の中山眞さんが「まだ止められる!消費税10%増税」と題して講演しました。

中山氏は、消費税増税の根拠が総崩れになり、増税反対の声と運動が広がっていることを紹介し「増税をめぐるせめぎ合いが激化している」と指摘。「今からでも10%は中止できる」と強調し「『今あげるべきではない』の大運動を起こそう」と呼びかけました。

メーデーの成功へ、参加団体の代表らが活動報告と決意を表明。公務関係の労組代表は「職場は長時間労働で過密な働き方のため休み時間もとれないのが実態だ。職員の大幅増員にがんばりたい」と語りました。

美術館建設ありきに反対 甲斐市 市民団体が凍結要望

Kaisi

甲斐市の市民団体「市民の声甲斐」(望月久恵代表)は22日、保坂武甲斐市長に対し、甲斐市が計画している「山梨県緑化センター跡地活用事業」について、凍結を求める要望書を提出しました。

甲斐市は、旧山梨県緑化センターの跡地に公園と美術館機能を持たせた施設を再整備する事業をすすめ、住民説明会などを開催してきました。

要望書では同事業が、「20年間で最大約42億円と過度な事業費で経済効果が見込めないなど、持続可能性のない美術館建設ありきの事業推進はありえない」と指摘し、事業を一時凍結すること、事業内容の説明会を追加開催することなどを求めました。

同団体の望月代表は、「事業は借金だけが残り、負の遺産になりかねない。広く市民の意見を聞くべきだ」と話しました。

同団体は、勉強会や署名活動などを通じて運動の賛同者を広げ、住民投票も視野に入れ、市民のための跡地活用事業にすることを求めていくとしています。

04/26/2019

甲府で現職2氏当選 統一地方選後半戦の結果

統一地方選後半戦は21日投開票され、日本共産党は、定数32に40人が立候補した甲府市議選で、清水英知、木内直子=以上現=の2氏が当選しましたが、現職の内藤司朗氏と新人の長坂正春氏は及びませんでした。内藤氏は最下位と79票差でした。

投票率は前回を3・45ポイント下回る43・45で過去最低となりました。政党別では、公明党が5人、社民党が1人当選し現有議席を維持しました。

前回議席を失った忍野村(定数12)では、天野秋弘氏が前回票の1・53倍の得票で当選を果たし、党議席空白を克服しました。

一方、3人オーバーとなった富士吉田市(定数20)では、現職の秋山晃一氏が、同じく3人オーバーの都留市(定数16)では、現職の板倉保秋氏が及ばず、いずれも次点となりました。

国保税引き下げに全力 忍野村で空白克服

Img_1235

21日投開票された忍野村議選(定数12)で、日本共産党の天野秋弘氏が当選し、党議席空白議会を克服しました。

定数が2削減されたなか、天野氏の得票は前回比で153%、得票率で3・2%から5・5%に伸ばし、議席占有率も過去最高となりました。

選挙戦では、天野氏が訴えた国保税引き下げや給食費無料化などに共感が広がり「共産党が議会に必要」と期待が寄せられました。

天野氏は当選の報を受けて、支援に感謝するとともに「高すぎる国保税の引き下げなど掲げた公約実現に全力を尽くします」と決意を語りました。

後援会の女性は、「村民の立場でしっかり発言する天野さんに村政を監視する議員として活躍してほしい」と話しました。

04/19/2019

忍野村 議席回復必ず 天野氏が第一声

Dsc_0182

忍野村(定数12=2減、立候補13人、うち共産党1人)で、天野あきひろ候補=元=が、事務所前で「議席回復に全力あげます」と第一声をあげました。

天野候補は、共産党が実施した村民アンケートにくらしが大変と切実な声が寄せられたことを紹介。「『消費税10%はやめて』、『国保税引き下げて』の願いを私に託してください」と訴えました。

この4年間、共産党議員のいない村議会では全議員の賛成で介護保険料が値上げされたと述べ、「住民の立場で村政をチェックする共産党議員がどうしても必要です」と力を込めました。高すぎる国保税の引き下げ、介護保険料・利用料の軽減、小中学校の給食費の無料化などの公約を示し支持を訴えました。

選対では「多くの候補者が、地縁・血縁だのみで支持固めをすすめ、誰が落ちてもおかしくない情勢。身近な要求実現に頑張り、村政をチェックできる党議席の値打ちを広げきり、1人オーバーの少数激戦を勝ち抜きたい」と話しています。

04/15/2019

都留市議選告示 板倉候補が第一声

Itakura

都留市議選(定数16)には、19人が立候補。3人オーバーの激戦となりました。

3期目をめざす板倉やすあき候補は、市民の声を議会に届け、3月議会で高校3年生までの医療費無料化が実現したことを報告。

また、市民と力を合わせ、国保税1人平均1万円の引き下げや小中学校へのエアコン設置が実現、リニア新幹線の騒音対策に取り組み防音壁のかさ上げや個別二重サッシの設置が実現したことなどの実績を紹介。

「引き続き、市民のみなさんと力を合わせ、国保税引き下げ、介護保険料・利用料の軽減、小中学校の給食費無料化など、くらし・子育て応援の市政実現へ全力を尽くします」と訴えました。

富士吉田市議選告示 秋山候補が第一声

Akiyama_1

富士吉田市議選(定数20)には、23人が立候補。3人オーバーの激戦となりました。

秋山こういち候補は第一声で、毎議会かかさず質問し、市民の願いを届け、放課後児童クラブのエアコン設置や小中学校の就学援助の入学前支給を実現したことを報告。

「水道料値上げなどの市民負担にきっぱり反対し、市政をチェックしてきた」共産党の議席の値打ちを強調。

国保税の引き下げや小中学校の給食費の無料化などの公約を示し「市民の声を届け、くらし・子育て応援の市政実現へ、再び議会で働かせてください」と訴えました。

«甲府市議選告示 共産党4氏が第一声

無料ブログはココログ