August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

08/02/2019

マクロ経済スライド廃止に 年金者組合山梨県本部が大会

Nennkinnkumiai

全日本年金者組合山梨県本部は1日、甲府市内で第25回定期大会を開き、安倍9条改憲阻止や最低保障年金制度の実現、年金裁判勝利をめざすなどの活動方針を決めました。

山田和民委員長は「参院選で大きな争点となったマクロ経済スライド廃止をめざし、大きな組合をつくり組織をあげてたたかおう」と訴えました。

年金者組合中央本部の田中諭副委員長があいさつし「年金裁判は来春にかけて大きな山場を迎えます。証人の申し立てを勝ち取り、年金生活の実態を訴えていくことで裁判に勝利しよう」と呼びかけました。

討論では各地の支部代表が発言し、組合員の要求に根ざしたレクレーション、サークル活動や年金署名に共感が広がっていることなどが交流されました。

北杜支部の岩倉博書記長は「改憲勢力が3分の2を割っても安心できない。地域の9条の会と力を合わせて改憲阻止の取り組みを強めていきたい」と発言しました。

日本共産党の宮内現県常任委員が連帯あいさつしました。

リニアの悪影響みず 工事差し止め訴訟 原告が陳述

リニア中央新幹線のルートに予定されている山梨県南アルプス市の沿線住民ら8人が、JR東海に工事差し止めや慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が7月30日、甲府地裁で開かれ、原告3人が意見陳述を行いました。

訴状では、リニア建設によって騒音や振動、日照権の侵害で生活環境が悪化するとして、宅地や農地が用地にかかる約5キロの区間の工事の差し止めを求めています。

意見陳述を行った南アルプス市リニア対策協議会代表の志村一郎さんは、JR東海による事業説明会などでの補償回答について、「到底理解できないほど非常識で、リニアが生活に及ぼす悪影響を住民サイドに立って心配していない」と批判しました。

トマト栽培している河西正広さんは、「トマトの栽培で光は最大の要素。中心部を路線が通過、分断され、日陰及び土地面積が狭く、作付けは不可能。今後の生活が不安」と述べました。

秋山美紀さんは「この宅地に住んでいる限り夜も不安で眠れない。人として最低限度の平穏な生活を守りたい」と訴えました。

JR東海は請求棄却を求める答弁書を提出しました。

平和のバトン渡そう 甲州市でつどい開く

Kousyuusi

戦争の悲惨さや平和の大切さを考える平和のつどいが7月27日、甲州市で開かれ、50人が参加しました。

同市の「子どもたちに平和の未来を手渡す仲間の輪」が実行委員会をつくり、「原爆パネル展」と合わせ、2012年から毎年行っているもの。今年は、戦跡カメラマンの安島太佳由氏と甲州市で平和文庫の案内をしている若月達夫氏が講演しました。

安島氏はシンガポールを訪れ、戦争で日本軍の兵士により犠牲になった人々の慰霊碑などの写真を紹介し、「無念の思いで亡くなった多くの人たちの思い、理不尽な戦争の事実を伝えていかなければならない」と語りました。

若月氏は、「きけわだつみのこえ」出版につながった甲州市にゆかりのある医師の中島克郎さんの活動を通じて「平和を伝えていく大切さ」を語りました。

参加した70代の女性は「戦争で多くの犠牲者をだしただけでなく日本が加害者だった事実を改めて感じ、戦争はいけないと強く思った」と話しました。

実行委員会の古屋千代乃さんは「各地で平和を語り継ぐ活動が広がっていて、私たちも若い世代にバトンを渡す役割を続けていきたい」と語りました。

07/26/2019

核兵器廃絶へ運動強めよう 世界大会代表団が結団式

Seikaitaikai

原水爆禁止世界大会・長崎(8月7日~9日)に参加する山梨県代表団の結団式と民医連平和のつどいが23日、甲府市内で行われ、120人が参加しました。

山梨県原水協の菅沢三郎事務局長が「日本政府に核兵器禁止条約への参加を迫る大会として成功させよう」と呼びかけました。

代表団は10代、20代の青年19人を含む32人で構成。団長の榊原美由紀さんは「核兵器禁止へ草の根の運動を強め、ヒバクシャ国際署名を大きく広げていきましょう」と決意を語りました。

初めて参加する青年は「長崎で感じたことをみんなに伝え、平和について考えていきたい」と話しました。

甲府市の専門学校学生自治会の代表から「平和への祈りを込めて折った思いを長崎に届けてください」と代表団に千羽鶴が託されました。

結団式に先がけて行われた平和のつどいでは、介護施設職員の男性が戦争を体験している利用者からの聞き取りの活動を報告。「体験を聞くと、どなたも『戦争はダメだ』と話します。過去と向き合い、自分たちのことと想像して語り伝えていくことが大切です」と語りました。

市来さん大健闘 今後につながる財産 党県委が選挙結果を報告

Miyautisenndenn_20190726164101

日本共産党山梨県委員会は23日、甲府駅南口で宣伝し、宮内現党県国政対策委員長が小越智子県議、清水英知、木内直子両甲府市議とともに参院選の山梨県の結果を報告しました。

宮内氏は「改憲勢力が議席の3分の2を割り込んだことは、憲法変える必要はないという審判が下った結果。野党共闘が決定的役割を果たした」と強調。自民現職にあと一歩と迫った山梨選挙区市来伴子野党統一候補の結果を報告し「今後につながる大きな財産。日本共産党は公約実現に奮闘し、次の総選挙で安倍政治サヨナラに全力を尽くします」と訴えました。

通りかかった甲府市の50代の女性は「市来さんは残念。共産党に入れました。これからもがんばってください」と話しました。

比例代表で共産党は山梨県で2万6491票(得票率7・68%)を獲得。得票率で2017年の衆院選比例票を0・3%上回りました。

山梨選挙区で市来候補は、得票率43・2%を獲得し、3年前の野党統一候補(当選)の得票率を0・2%上回り大健闘しました。県内野党は前回より豊な共通政策を結び、県代表らの顔写真入りの連名ポスターを作成。演説会で相互の支援を強化するなど共闘を深めてきました。

参院選 野党統一候補 市来伴子さん健闘 日本共産党比例代表26491票獲得  ご支援ありがとうございました

第25回参議院選挙の山梨県の結果について                             
2019年 7月22日 日本共産党山梨県委員会

一、今度の参議院選挙で日本共産党は、前回に引き続き野党共闘の成功と日本共産党の躍進という2つの目標をかかげてたたかいました。

山梨選挙区で、いちき伴子野党統一候補は、15万327票(得票率43・2%)を獲得し、残念ながら議席には及びませんでしたが、得票率では前回を0・2ポイントうわまわり大健闘しました。

比例代表選挙では、日本共産党は2万6491票(得票率7・7%)を獲得し、前回参院選比で9866票、得票率では1・5ポイント下回りましたが、2017年衆院選比例との比較では得票率は0・3ポイント上回りました。

野党統一候補勝利のために共にたたかったみなさん、日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、日夜をわかたずご奮闘をいただいた支持者、後援会員、党員のみなさんに心からお礼を申しあげます。


二、今回、市民連合やまなしのみなさんの後押しもあり、前回に続き野党統一候補が実現しました。

同時に政策協議が始まったのは4月下旬で、協定書が締結されたのは公示の5週間前と前回に比べ大きく立ち遅れました。しかし共通政策は、「今年10月からの消費税増税中止」「辺野古新基地建設中止」「日米地位協定の抜本改定」など前回に比べて大変豊かになりました。「山梨は共闘」の連名ポスターが作成され、全県にはりだすなど、本気の共闘という点でも前進がありました。

日本共産党は、市田副委員長、志位委員長と、いちき伴子候補、輿石参院元副議長、山田社民党県連代表との共同の街頭宣伝など野党共闘を一歩一歩前に進めていきました。

短期間のたたかいのなかでも共闘を発展させたことは、次の衆院選など今後のたたかいに生きる大きな財産になったと考えます。全国の1人区では、野党は改選前2議席から10議席へと前進し、改憲勢力に議席の3分の2を許さない結果をつくる大きな力となりました。市民と野党の共闘については、ともにたたかったみなさんと話し合い、さらに発展させていく決意です。

 
三、日本共産党は選挙戦のなかで、「年金を削減するマクロ経済スライドを廃止し、『減らない年金』、低年金の底上げを」「くらしに希望を―三つの提案」「財源は、『消費税に頼らない別の道』で」と批判とともに希望を語ることに力をつくしました。「減らない年金というのはいいね」「学費は、すぐに半額にしてほしい」という声が多数寄せられ、財源論にも共感が寄せられました。

また、「『消費税に頼らない別の道』を打ち出せるのは大企業から献金をうけとっていない党だからこそ。この党の躍進こそ、くらしをよくする一番の力」「市民と野党の共闘に誠実に力をつくしてきた共産党が躍進してこそ、野党統一候補が勝利できる」と党の値打ちを語ってきました。こうした訴えが届いたところでは、共感が広がりましたが、その共感の広がりを比例での支持に十分に結びつけることができませんでした。

比例代表の得票が、2017年衆院選から得票率で上回ったものの、前回参院選からは得票数、率とも下回ったことなどについては、今後党内外のみなさんの声に耳を傾け、総括を深めていきます。

選挙で掲げた公約実現とともに、強く大きな党をつくり今後の国政選挙、地方選挙で躍進するために全力をつくす決意です。

07/19/2019

比例・共産躍進と共闘の力で安倍政権を倒し、新しい政治を

Img_20190718_173531

志位和夫委員長を迎えた街頭演説が18日、甲府駅北口広場で開かれ、雨の中600人が参加しました。

しいばかずゆき比例候補、野党統一のいちき伴子選挙区候補が決意表明し、輿石東元参院副議長、山田厚社民党県連代表が連帯のあいさつ、国民民主党県連から連帯のメッセージが寄せられました。

しいば氏は、学費値下げの共産党の提案を語り、「今度の選挙で、命を守る政治、個人の尊厳を守る政治へ、みんなの1票で変えていきましょう。比例は共産党と広げ、国会で働かせてください」と訴えました。

いちき候補は、野党統一に力を尽くしてきた共産党に感謝を述べたうえで、「大企業優先の政治から、命くらし、生活に根ざした経済政策にみなさんと転換させていきたい」と語り、「9条改憲させてはならない。安倍政治を変えていく流れを山梨から起こそう」と訴えました。

輿石氏は、「全国32の1人区の野党統一実現は志位委員長の力が大きい」と感謝を述べ、いちき勝利へ全力を尽くす決意を語りました。

志位氏は、大争点となっている年金問題、消費税10%増税、家計応援などについて「くらしに希望をー3つのプラン」など日本共産党の提案を詳しく訴えました。

訴えの最後に「比例で共産党の躍進が必要です」と強調。「共産党ならではの値打ち」について①安倍政権と対決し、国民の立場で解決策を示す②安倍9条改憲の野望を止める③共闘を発展させるためにも共産党の躍進が決定的に重要になる―という3つの角度から力説しました。

「比例で共産党を伸ばしていただき、共闘の力で日本を変えましょう。安倍政権を倒して『国民が主人公』といえる新しい日本をつくる選挙にしましょう」と呼びかけました。

07/13/2019

賃上げと正社員化を 畑野衆院議員がいちき候補応援

Hatanoouenn

日本共産党の畑野君枝衆院議員は12日、山梨県入りし、甲府市、笛吹市などで比例での共産党躍進と野党統一のいちき伴子山梨選挙区候補の勝利を訴えました。

市川三郷町では、いちき候補の街頭演説に合流し、応援演説を行いました。

畑野氏は、いちき氏の公約にふれ、「労働者の賃上げや非正規から正社員化をすすめることが、年金を支えて充実させる力になる」と強調しました。

安倍政権の大軍拡を批判し「戦闘機1機買うのをやめれば4千人分の保育園ができます」と述べ「憲法9条守れの声をいちき候補に、必ず国会に送ってください」と訴えました。

いちき氏は、「自民党への投票は消費税10%増税賛成の票になる」と述べ、「増税反対の声をお寄せ下さい」と呼びかけ、「今の政権を変えるために山梨から風を起こしたい。9条改憲許さないの声を託してください」と決意を語りました。

演説を聞いた女性(73)は、「野党が一つになって力強い。庶民にとって大変な10%増税はやめて、景気を良くして安心して暮らせるようにしてほしい」と話しました。

国民平和大行進が山梨入り 梅雨の晴れ間を240人が参加 

Kokuminnheiwakousinn

2019年原水爆禁止国民平和大行進(北海道―東京コース)は11日、長野県から山梨県入りし、梅雨の晴れ間が広がるなか、北杜市と韮崎市を、合わせて240人が参加しました。

長野県行進団から横断幕を引き継ぎ、100人が北杜市の須玉総合支所から市役所本庁舎までの2キロメートル余を歩きました。沿道では募金を用意して家から出てくる人や、手を振って激励する姿も目立ちました。

北杜市役所では、渡辺英子市長と30人の職員が出迎え。渡辺市長は「世界で争いが多いなか、核兵器廃絶、原水爆禁止は大事なこと。平和行進を通じて命の大切さ、世界平和を守ることの大切さを訴えていることに感謝します」とあいさつしました。

一万羽の折鶴を持参した和田洋子さん=北杜市大泉町=が、北海道から歩いている通し行進者の矢部常次さん(70)に折鶴を託しました。「青年タスキ」をかけて矢部さんと先頭を歩いた青年は「初めて行進して、みなさんの思いを多くの人に伝えたいと思った」と話しました。

山梨県内では、県庁を含め27の全自治体を訪問しながら行進し、18日に東京都に引き継ぎます。

北杜市議会 日米地位協定見直しの意見書可決

北杜市議会は6月27日、「日米地位協定の見直しを求める」政府あて意見書を全会一致で可決しました。

市民団体「八ケ岳南麓・平和の会」(深沢久代表)が昨年12月議会に請願し、3月議会でも継続扱いとされてきましたが、審査してきた総務常任委員長が発議する形で提案され、21人の議員全員が賛成しました。

意見書では「米軍基地の問題などは各自治体住民の生活に直結する重要な問題」として、昨年7月に全国知事会が提出した「提言」について「高く評価するもの」と明記。①米軍機の低空飛行訓練などについて国の責任で実態調査②日米地位協定を抜本的に見直し、航空法などの国内法を米軍にも適用③必要性を点検した上で基地の整理・縮小・返還を積極的に促進―などを求めています。

日本共産党市議団(清水進、志村清)は、清水氏が請願の紹介議員として、志村氏が総務常任委員として請願の採択に力を尽くしました。同趣旨の意見書可決は県内の議会で初となりました。

«市田副委員長街頭演説 輿石元参院副議長とともに訴え 南アルプス

無料ブログはココログ